Bergamot Diary

スポンサー広告

スポンサーサイト

 
 鎌倉散歩 のみ~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ   3kaku_s_L.png   スポンサー広告
*Edit
   

日記

におう…

 
 鎌倉散歩 のみ~
最近テレビを見ていてとっても気になる言葉がある。
それは、『匂う(臭う)』
「におってみて!」「私つい、におっちゃうんですよー」のように使っている。
これが、気になって仕方なかった。

におう、と言ったら、“におってくる”“香りがする”という意味で、能動的動詞ではなく、受動的な意味ではなかったか。
上記の二つは、「においを嗅いでみて!」「私つい、においを嗅いじゃうんですよー」っていうのが普通だろう。
最近よく聞くようになったから、言葉の乱れ?何?とおもって調べてみたら…
これ、方言なんですね。おもに、関西の。
それが広まってきたのかあ。納得。
正しくは、「におぐ」=「におう」「嗅ぐ」の複合系ということ。へぇ~。

あと、『痛い』
「あの人、痛いよねー」(感覚がずれている、とか変だ、おかしい、とかっていう意味?違う?表しにくいな。)などと使うのは、私はとても違和感を感じる。
が。なんとこれも、関西の方言から来ているらしいとわかった。
もともとは、痛々しい、から来ていると。なるほどね。

ところで、最近の日本語の乱れというのはとても気になることだけれども、言葉というのは生きているもので、いつの時代も、言葉が変化してきていることを考えると、最近の乱れについては、特に珍しいことでも危険なことでもないのかもしれない。
長い目で見るとね。
数十年前も、「近頃の言葉が野蛮になっている」と言われていたそうだ。
長い歴史の中で、言葉の意味がまるっきり逆になった、という例も確かあったはず。
でも、正しい言葉を守って行くことも大事であり。
…複雑だなぁ。
言葉については、結構気になる私。堅いかね。
スポンサーサイト

もくじ   3kaku_s_L.png   日記
*Edit
   
  • 【鎌倉散歩】へ
  • 【のみ~】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。